プロフィール

姫はは

Author:姫はは
大分在住  いい年齢




BJyC5ySzU7lEoW6_1348642628.jpg
'09・8・13生
熊本ビーグル牧場出身
やんちゃで、人(特にメンズ)が大好き、走るの大好き
・・なんだけど、ランでは、超マイペース
ベッド2台廃棄処分送りの経験あり
食べることには命がけ!
'09・11・6 我が家の一員になる




風(ほのか)
CIMG1882_convert_20160204093555.jpg
'15・11・23生
熊本ビーグル牧場出身
生後2ヶ月でやって来た
やかましくて賑やかな
暴風、台風、爆風まだまだ未知数
'16・1・30我が家の一員に




はな
1La7GFxaWz7YblL_1348641740.jpg
'00・3・18生
ビーグル(薩摩ビーグル!?)
大きな体で、超ビビり
'09・9・23 天に召される

いくつになるの?
うちの子記念日
人間化した姫と風は・・・
アクセスカウンター
先日、友人のお父さんが亡くなり、

通夜、葬儀と、ちょっとバタバタしてました。

お父さんのことは、よく知ってましたし、

友人がずっと看てて、ちょっと外出した間に

息を引き取ってたということを知り、

とても切ない思いに駆られました。。




それから、これは昨日知ったんですが、

よく覗かせて頂いてた愛永とどこまでもの愛永(まなえ)ちゃんが、

16歳で虹の橋に旅立ちました。。

奇しくも、友人のお父さんが亡くなったその日に。。。

ずっと闘病を続けてて、この数日は、ほんとに厳しい状況だったんですが、

そんな時でも、愛永ちゃんの状態や、自分の心情を

溢れる思いで書き綴った飼い主のねーねーさん、

どんなにつらかっただろうと思います。

同じ飼い主としては、ほんとに敬意を表したい気持ちでいっぱいです。

P1050918_20120212083649_convert_20120214000141.jpg
やっと楽になったんだねという思いからなのか、

不思議と、亡くなったという記事を見ても、涙は出なかったんですが、

まだ元気だった頃の、こんな写真を見ると、胸の奥の方が、

ギュンとしてきますね。。

まーちゃん、ほんとにいい笑顔だね。

これからはずっとそんな顔でいられるんだよね。

まーちゃん、ありがと!バイバイ!









コメ返、また遅れてしまってますが、

時間かかっても、必ずお返事させていただきますので、

どうぞご了承下さい。
スポンサーサイト

2012/02/14(火) 00:13 | コメント:18 | トラックバック:0 |
コメント

ももひなまる :

ほんとにつらい週末でしたね。

お友達のお父さん、最後を見せたくなかったんじゃないかな?
そういうことあるみたいですよ。

愛永ちゃん、よくがんばっんですね。
とても愛されて幸せな人生だったんだと思います。

chiku-chiku : いつか来る日・・・

姫ははさんも、切ない週末でしたね

私も両親を看病、看とりましたよ
周りに
<娘に看病され看とられ、病気は辛かったやろうけど・・・
幸せやったとよ お父さんもお母さんも
アンタと一緒の時は、顔が穏やかでさぁ
頼りきって安心しきっとらした>と、未だに云って貰ってます
もっと、して上げたい事 有ったんだけど・・・
親戚のこの言葉に救われました
だから、お友達のお父様も
きっと、娘さんの愛情に包まれ幸せのなかに逝かれと思います
そばに居られなかったのは悔いが残るかもしれないけど
心の奥底で繋がっていたはず・・・父娘ですもんね

愛永ちゃん、可愛い子ですね
最後、穏やかに旅立ったのかな・・・
続編も拝見しようと思っています
怖い気もするけれど・・・一緒にお見送りさせてもらいます

さぁ~ 今日も雛といっぱい触れ合って
コネコネ、コネコネこね繰り回して鼻ば濡らしてあげよっかなぁ(笑)
さっきまで涙でいっぱいだったんだけど・・・
雛が心配するから笑顔でいないとe-2

雛ははも、笑顔でね
姫ちゃんが心配するよぉーv-411

のあば~ば :

ほんとにつらい週末でしたね。
読んでて 親の事を思い出しちゃいました。
父は病院で親戚、母、兄弟と見送ったんですが・
母は、入院してて毎日お見舞いに行っていたにもかかわらず、誰も看取る事が出来なかったんです。
奇しくもば~ばの誕生日でした。

愛永ちゃん今は楽しく虹の橋の向こうで穏やかに過ごしているんでしょうね。
ねーねさんのためにもそうあってほしいです。

でもば~ばはねーねーさんのようには出来そうにないです。今のプー爺の状態・・伝えきれない・・
まだ、さんぽには行くけど・・ご飯も食べるけど・・
・・日に日に力が弱くなっているのは確かだから・・

「せ」 :

16歳
すばらしいとおもいます
よくがんばった

ぶーふーうー :

16歳 ここまでがんばってくれたらうれしいなぁ。
でも、きっとその年齢になったら後一年 もう一日
って気持ちになるんだろうな。
最近会えないんだけど・・ お友達の15歳のハッピーさん。
先日脳梗塞で倒れたと聞きました。
支えながらお散歩行っているらしいけど・・・
知っているわんちゃんの姿はつらいよね。
今の一日を大切にしないとと改めて思うけど・・
うるさいと忘れちゃうんだよね・・・

香代子ママ :

先日はご訪問ありがとうございました。
いつも楽しく拝見しております。
人も愛犬も、別れは辛いです。
以前飼っていた基を亡くした悲しみは
時が埋めてくれました。
愛永ちゃんの御家族の時間が早く進みますように。

Pasion : こんばんは

昨日愛永ちゃんの記事を読ませていただきました。
いつかは必ず訪れることとはいえ、
やっぱり辛いです。。。
正直僕はブログを書くことはおろか、
写真を見ることすらしばらく出来ないと思います。
平均的に見れば16歳はかなり長生きだと思いますが、
飼い主から見れば何歳だろうと可愛い我が子ですものね。
分かってはいても心の準備なんてそうそう出来るものではありませんよね。

きよちゃん :

はじめてコメントいたします。
悲しい思いをされたみたいですね。お察しいたします。
ところで我が家にもビーグル犬がいるのですが、当たり前ですが、そっくりです。
又訪問させていただきますね。

姫はは : コメントありがとうございます

v-286ももひなまる様

> ほんとにつらい週末でしたね。
> お友達のお父さん、最後を見せたくなかったんじゃないかな?
> そういうことあるみたいですよ。
友達は、ずっと看てただけに、
最期を看取れなくて、無念だったんじゃないかと。。

> 愛永ちゃん、よくがんばっんですね。
> とても愛されて幸せな人生だったんだと思います。
ほんとに頑張ったと思います。
最期口の中にも腫瘍ができて、食べられなくなったので、
日に日に痩せていくの見るの辛かったですね。

姫はは : コメントありがとうございます

v-286chiku-chiku様

> 姫ははさんも、切ない週末でしたね
> 私も両親を看病、看とりましたよ
> 周りに
> <娘に看病され看とられ、病気は辛かったやろうけど・・・
> 幸せやったとよ お父さんもお母さんも
> アンタと一緒の時は、顔が穏やかでさぁ
> 頼りきって安心しきっとらした>と、未だに云って貰ってます
ご両親ともですか・・。
大変な思いをされたんですね。。。
でも、ご両親とも、娘のあなたに看てもらって、
幸せな最期を迎えられたのではないでしょうか。
うちは、一昨年父を看取りました。

> 愛永ちゃん、可愛い子ですね
> 最後、穏やかに旅立ったのかな・・・
飼い主さんにずっと撫でてもらって、
声をかけてもらいながら、穏やかな最期だったようです。

> さぁ~ 今日も雛といっぱい触れ合って
> コネコネ、コネコネこね繰り回して鼻ば濡らしてあげよっかなぁ(笑)
> さっきまで涙でいっぱいだったんだけど・・・
> 雛が心配するから笑顔でいないとe-2
そーだね!今一緒にいられるこの時を、
思いっきり大事にしよーねぇ~!

> 雛ははも、笑顔でね
> 姫ちゃんが心配するよぉーv-411
はは、姫ははですよ。
確かに姫にする前、ひなって名付けるつもりだったんだけどi-229

姫はは : コメントありがとうございます

v-286のあば~ば様

> ほんとにつらい週末でしたね。
> 読んでて 親の事を思い出しちゃいました。
> 父は病院で親戚、母、兄弟と見送ったんですが・
> 母は、入院してて毎日お見舞いに行っていたにもかかわらず、誰も看取る事が出来なかったんです。
> 奇しくもば~ばの誕生日でした。
そうだったんですね。
最期を看取ることができなかったのは、無念だったと思いますが、
お母さんは、毎日見舞ってもらって幸せだったんじゃないでしょうか。
うちは、一昨年父を看取りました。

> 愛永ちゃん今は楽しく虹の橋の向こうで穏やかに過ごしているんでしょうね。
> ねーねさんのためにもそうあってほしいです。
きっと一番元気だった頃に戻って、
思いっきり駆け回ってるんじゃないかなぁ・・。
絶対そーだよね!

> でもば~ばはねーねーさんのようには出来そうにないです。今のプー爺の状態・・伝えきれない・・
> まだ、さんぽには行くけど・・ご飯も食べるけど・・
> ・・日に日に力が弱くなっているのは確かだから・・
わかります。。
先代のはなの時は、ブログやってなかったけど、
ブログやってる今でさえ、はなのことはまだ書けません。
ちょこっと紹介したことはあるけど、
最期の時のことは、未だに思い出すだけで
泣けてしょーがなくて・・・。
だから、プー爺さんのこと、うまく書けない気持ちわかります。
でもね、プー爺さんのことをずっと気にかけてるのがいるっていうのは忘れないでね!

姫はは : コメントありがとうございます

v-286「せ」様

> 16歳
> すばらしいとおもいます
> よくがんばった
うん、ほんとにあっぱれな犬生だよ!
腫瘍さえなければもっと・・・って思ってしまうのは、
どーしよーもないことなんだけどね。

姫はは : コメントありがとうございます

v-286ぶーふーうー様

> 16歳 ここまでがんばってくれたらうれしいなぁ。
> でも、きっとその年齢になったら後一年 もう一日
> って気持ちになるんだろうな。
この子の場合、歳とってから腫瘍ができたから、
ほんと大変だったと思うよ。
この飼い主さんも、いつもゆっくり、ゆっくり過ごしていこーなぁって言ってた。

> 最近会えないんだけど・・ お友達の15歳のハッピーさん。
> 先日脳梗塞で倒れたと聞きました。
> 支えながらお散歩行っているらしいけど・・・
> 知っているわんちゃんの姿はつらいよね。
> 今の一日を大切にしないとと改めて思うけど・・
> うるさいと忘れちゃうんだよね・・・
一度も会ったことなくても、
ブログでずっと見てると、もーお知り合いだからね。
そんなワンちゃんの旅立ちは、ほんと辛いわ。。
今一緒にいられるこの時を大事にしなきゃいけないんだよね!

姫はは : コメントありがとうございます

v-286香代子ママ様

> 人も愛犬も、別れは辛いです。
> 以前飼っていた基を亡くした悲しみは
> 時が埋めてくれました。
> 愛永ちゃんの御家族の時間が早く進みますように。
そーですね。。
時が経てば、悲しみは薄れてきますが、
寂しさはよけいにつのってくる気もします。
ただ、それが素晴らしい思い出に変わって、
いつまでも残っていくんですよね。。

姫はは : コメントありがとうございます

v-286Pasion様

> 昨日愛永ちゃんの記事を読ませていただきました。
> いつかは必ず訪れることとはいえ、
> やっぱり辛いです。。。
いつかはくる日だと思いながら接していても、
いざその日を迎えると、とてつもない悲しみに
体中が支配されてしまいます。

> 正直僕はブログを書くことはおろか、
> 写真を見ることすらしばらく出来ないと思います。
私も、未だに先代犬の最期は記事にできません。
写真も整理しきれてない状態です。。
その点から言うと、愛永ちゃんの飼い主さんの
行為には、ほんとに讚辞を贈りたいですし、
ほんとにすごいことだと思います。

> 平均的に見れば16歳はかなり長生きだと思いますが、
> 飼い主から見れば何歳だろうと可愛い我が子ですものね。
> 分かってはいても心の準備なんてそうそう出来るものではありませんよね。
ラブラドールであまり16歳って聞かない気しますね。
でも、何歳であろうが、一日でも長く一緒にいたい、
というのが飼い主の願いですよね。

姫はは : コメントありがとうございます

v-286きよちゃん様

> はじめてコメントいたします。
> 悲しい思いをされたみたいですね。お察しいたします。
> ところで我が家にもビーグル犬がいるのですが、当たり前ですが、そっくりです。
> 又訪問させていただきますね。
ようこそ、初めまして!
あら、ビーグルちゃんいらっしゃるんですね!
ブログの方でも、紹介して下さい!
楽しみにしてます。
訪問&コメ、ありがとうございます。

TOMOママ :

遅れてのコメントをお許しください。
週末・・本当に悲しく辛い思いをされましたねぇ。

ご友人のお父様については、読んでいて、私の父と重なりました。私も大丈夫と看護師さんに言われて、シャワーを実家に浴びに帰っている間に急変し、脳死状態で父の元に戻りましたので・・。ご友人の悲しみを考えると胸が苦しくなりました。

そして、愛永ちゃんのお話・・。いくつであってももっともっと長く生きて欲しいと思うのがご家族の気持ちでしょう・・。どれだけやっても足りなかったのでは?と思うのも家族の気持ちです。
ワンを家族に持つ者はその気持ちがわかるだけに、そばで見るだけでもつらく悲しいものですよね。私もLOCOMO娘の友人を失っていますので、姫ははさんのお気持ちお察しいたします。愛永ちゃんののご家族の方のお気持ちも・・ワンを何十年も前ですが虹の橋に送っておりますので、わかります・・。
命あるものはいつか・・わかっていても・・ですよね。
ご友人のお父様のご冥福、
愛永ちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

姫はは : コメントありがとうございます

v-286TOMOママ様

> 遅れてのコメントをお許しください。
とんでもない、ありがたいですよ!

> 週末・・本当に悲しく辛い思いをされましたねぇ。
> ご友人のお父様については、読んでいて、私の父と重なりました。私も大丈夫と看護師さんに言われて、シャワーを実家に浴びに帰っている間に急変し、脳死状態で父の元に戻りましたので・・。ご友人の悲しみを考えると胸が苦しくなりました。
そーだったんですね。
うちは、一昨年父を看取ったんですが、ガンだとわかって、
2ヶ月たらずで、最期まで意識があったので、
よけいつらかったんじゃないかと思います。

> そして、愛永ちゃんのお話・・。いくつであってももっともっと長く生きて欲しいと思うのがご家族の気持ちでしょう・・。どれだけやっても足りなかったのでは?と思うのも家族の気持ちです。
ほんと、そーですね。
私は、先代のはなのことで、未だに悔やんでも悔やみきれない思いを抱えてます。

> ワンを家族に持つ者はその気持ちがわかるだけに、そばで見るだけでもつらく悲しいものですよね。私もLOCOMO娘の友人を失っていますので、姫ははさんのお気持ちお察しいたします。愛永ちゃんののご家族の方のお気持ちも・・ワンを何十年も前ですが虹の橋に送っておりますので、わかります・・。
> 命あるものはいつか・・わかっていても・・ですよね。
> ご友人のお父様のご冥福、
> 愛永ちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。
ワンコを飼って、別れを経験してる分、どのワンちゃんにも、
長生きして欲しいし、旅立ったという知らせには、
我が事のように、悲しい思いに包まれてしまいますね。

あたたかいコメントありがとうございました。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
自動RSS表示機能付きリンク2