プロフィール

姫はは

Author:姫はは
大分在住  いい年齢




BJyC5ySzU7lEoW6_1348642628.jpg
'09・8・13生
熊本ビーグル牧場出身
やんちゃで、人(特にメンズ)が大好き、走るの大好き
・・なんだけど、ランでは、超マイペース
ベッド2台廃棄処分送りの経験あり
食べることには命がけ!
'09・11・6 我が家の一員になる




風(ほのか)
CIMG1882_convert_20160204093555.jpg
'15・11・23生
熊本ビーグル牧場出身
生後2ヶ月でやって来た
やかましくて賑やかな
暴風、台風、爆風まだまだ未知数
'16・1・30我が家の一員に




はな
1La7GFxaWz7YblL_1348641740.jpg
'00・3・18生
ビーグル(薩摩ビーグル!?)
大きな体で、超ビビり
'09・9・23 天に召される

いくつになるの?
うちの子記念日
人間化した姫と風は・・・
アクセスカウンター

昨日、東京上野動物園にパンダがやって来ましたねぇ

九州の田舎もんの私は、生パンダ見たことありませんが、

パンダといえば、上野動物園ってイメージがありますね

やはり、カンカン、ランランのインパクトが

強かったせいでしょうかねぇ



今回、レンタルにしても、パンダが上野動物園に

戻ってきたというのは、喜ばしい事ですね



パンダが戻ったことに関連して、ワイドショーで、

上野動物園のあれこれをやってましたが、

歴史のある動物園ですから、いろいろなことがあったわけです

避けて語ることができないのが、戦時中の殺処分のこと・・・

何度かドラマ化されたりしてますので、

ご存じの方も多いかと思います

空襲などで、檻が破壊した場合の動物の

脱走を恐れての処分だったようですが、

ありとあらゆる動物が、毒入りの食事や、それでも死ななければ

竹やりでついたり、銃を使ったりして殺されていきました

しかも、それは、それまで、一生懸命に育てていた飼育員の手によって

行われていったんですね

飼育員の方々の心中を思うと、胸が張り裂けそうになります

猛獣はもちろんですが、大きな動物、ゾウも例外ではありませんでした

ゾウにも毒入りのリンゴなどが何度も与えられたそうですが、

ゾウはすべてを拒否

考えあぐねた飼育員、動物園は、苦渋の選択をしました

餌をいっさい与えず、餓死させるというものでした

その、つらい状態が何日続いたのかは、覚えていませんが、

強烈に印象に残っているのが、

餌をもらいたい一心で、弱っていく体で、飼育員に

一生懸命に芸を見せていたことです   

芸をすればご褒美がもらえる  そう思ったんでしょう

たまりませんね

これを思うと涙が止まらなくなります


本当にあの戦争はなんだったんだろうと思います

大勢の人間はもちろんですが、

その陰で、大勢の動物たちが犠牲になったという事実を

私たちは忘れてはいけないんですよね







ご訪問頂きありがとうございます

よろしければ、ポチッとお願いします
       ↓
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2011/02/22(火) 22:27 | コメント:16 | トラックバック:0 |
コメント

beagle-love : こんばんは

戦争は何もいい事ありませんね。
傷跡ばかりが大きく残ります。
今の幸せな生活が続く事を
望んでやみません。
ランランカンカン、懐かしいですね~^^;

ブルース :

泣けますね。その話、何度聞いても。
この動物園のだけでなく、現代の殺処分の現実も。
臆病な私は、目をそむけて生きるしかありません。
せめて家に来た子を、幸せにしてあげることしかできません。
ドイツは殺処分ゼロ、なんだとか。
目指そうドイツ方式!

ポキママ :

ママさん、反則~泣けてくるよ~この話。
小学校の時 なにげなく聞いていたこの話。
たしか ぞうの花子ちゃんの話だよね、
最近、動物の目を見ると ポキみたいに
見えてきて もうだめなんだ~(泣
動物の純粋な瞳 訴えるものがありますよね!

kohanachan :

人間の都合で辛い思いをしている動物がいるんですよね。悲しい事です。
ブルースさんのおっしゃる通り、せめて家に来た子は幸せにしてあげたい。
そう思います。

たぁママ :

こんなブログ記事も必要ですね!
そう・・・泣けてきます・・・
戦争を知らない私たちですが・・・
↑このゾウさんの本も出てますもんね。
子供に読み聞かせた事あります。
そうやって語り続けていくことしかできませんが・・・
ホント、人間の都合によって犠牲になるなんて
悲しいです。

クロムママ :

うえぇぇん(T_T)
本当に胸が締め付けられる話だよね。。。
人間の都合で処分されてしまった動物たちのことを
思うと、やり切れない思いでいっぱい。。。
どんな思いをしてたのかなって思うと、涙腺が
壊れるよぅ。。。

マスター&ジロ :

人間以外の動物が、どれほど無償の愛を提供してくれてるかって話ですよねぇ。
そういう悲しすぎる話は基本的にノータッチで生きてきましたが、それでも知ってるその話。
知らなきゃ幸せなんだろうけど、知らないと同じ過ちを繰り返すのが人間。やっぱり伝えていかないといけない話なんでしょうね。
でも、辛すぎます。

はなpapa :

戦争って、何のためにやるんでしょうね。
初めから何も生み出すものはないと分かってるのに・・・
結局、別れや苦しみが後に残るだけで。
犠牲になるのはいつも弱いものから。
本当、この話は是非伝えて行かないといけませんね。

姫ははコメントありがとうございます


v-286beagle-love様

おっしゃる通りですね
戦争から、いったい何が生まれるというんでしょうね
残るのは、悲しみと深い傷だけですよね

ランラン、カンカン一世風靡しましたからねぇ~e-454
年、バレバレですけどi-229

姫ははコメントありがとうございます


v-286ブルース様

現代の殺処分のほうが、もっと、人間の身勝手さを
露呈しているような気がしますね
一頭でも、そんな状況を回避できるよう
自分にもなにかできないかと
いつも思ってますが、口先だけで終ってしまいます
情けない限りです
殺処分をしなくてもすむ社会を願うばかりです

姫ははコメントありがとうございます


v-286ポキママ様

ごめんなさいねぇ~。
思い出したら、書かずにはいられなくなって・・。
動物って、純粋無垢な瞳してますよね
その瞳の光は人間に託されているんだって
よく思います
不幸な動物が一頭でも減ることを願うばかりです

姫ははコメントありがとうございます


v-286kohanachan様

その通りですね
せめて自分の子だけでも幸せにしてやりたい
そう思いますね
うちの姫が幸せかどーかは
疑問ですがねv-389

姫ははコメントありがとうございます


v-286たぁママ様

このはなし、思い出すだけで
涙が止まらなくなるんですよ
こーして犠牲になっていった動物たちがいたことを、
決して忘れてはいけないんですよね
娘さんたちも、語り継いでいってほしいなって思います

姫ははコメントありがとうございます


v-286クロムママ様

本当にそーですね
どんな思いで逝ったんだろう、
また、手をくださなければならなかった
飼育員の方々の心中を思うと
たまらなくなりますね
人間の都合でといえば、
現代の殺処分もそーですよね
本当に胸が痛みます

姫ははRe: タイトルなし


v-286マスター&ジロ様

おっしゃる通りですね
動物の愛というものは、無償なんですよね
だから、あんなにまっすぐな目で
見つめてくる
悲しすぎる、辛すぎるはなしですが、
忘れ去ることはもっと悲しいことだと思います

姫ははコメントありがとうございます


v-286はなpapa様

そーですよね、限りなく愚かな行為
そう思います
犠牲になった動物たちのことを
決して忘れてはいけないんだと思います
こんな愚かな行為を繰り返さないためにも

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
自動RSS表示機能付きリンク2